入れ花などの意味を勉強した

勉強をしました。入り帳とは商家で、収入の金額をつけておく帳面のことです。入り果つとはすっかり入る、入りきるという意味です。入り臥すとは内に入って横になる、ある状態に没頭するという意味です。煎り豆に花とは再び栄えること、めったにないことという意味です。入り身とは相撲で、相手の手もとに自分の体を入れ込んで倒すわざのことです。入り目とは費用、控えめという意味です。入りもて行くとは、どんどん入って行くことです。入り訳とは入り組んだ事情、いきさつという意味です。入れ帷子とは衣服などを箱にしまうときに、それを包む布のことです。入れ日記とは商品を送る際に添える、内容を記した明細書のことです。入れ花とは湯を注いだばかりの煎茶のことです。入れ紐とは直衣などの襟や裾に付いている紐のことです。入れ筆とは、あとから書き入れること、加筆のことです。色深しとは色が濃い、深く思っている、美しい、あでやかであるという意味です。クリアネオ